カナダ運輸局の発表によりますと、先月1月下旬、メキシコからカナダに帰国してきた2名の乗客が、実はコロナウイルス感染していたのを知りつつ、コロナ陰性証明書を偽造して飛行機に乗ったことが発覚したそうです。

FEB192021 03
(もっと厳罰に処しても良いのでは?CTVニュースサイトより。)

調べによると、この2名、別々のケースですが、ともにカナダへの帰国便の数日前にコロナ検査を受け、要請であることが判明。現行のルールによると、カナダへの入国・フライトに乗る3日前までにはコロナ陰性証明書を提出しなければいけません。しかしながらこの二人はそれを偽造してまんまと帰国。。。


でも結局見つかり、それぞれ$10,000(約80万円)と$7,000(約56万円)の罰金刑に。でもこれ、軽すぎると思います。同乗していた乗客のうち、コロナ感染者が見つかった場合は、その損失補填や休業補償等の費用全てもこの二人に払わせるべき。やっていることは「故意の傷害」と一緒ですから。


もっともっと厳罰にしてもよいと思います!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク