オンラインでの「ロマンス詐欺」。ステレオタイプなイメージとしては、高齢のカナダ人女性が被害者になっているケースを思い浮かべます。多分、そういうニュースしか私が見ていないからで、実際男性の被害者も多いと思いますが。でも前見たニュースも、高齢のカナダ人女性がアフリカ出身の男性に貢いで、カナダに呼び寄せた直後に失踪された、って言うのもありました。


今回のオンタリオ州の女性、合計で$45,000(約360万円)もだまし取られたそうです。手口としては、相手側から多分言葉巧みに懇願されて、「プエルトリコの税関で止められている貿易委託商品を通すため」にお金を貸してほしい、と頼まれたみたい。そして送金はBITCOINを通して行われたそう・・・。ひどいですね。

FEB192021 06
(本当にひどい犯罪ですよね・・。CTVニュースサイトより。)

警察は目下捜査中だそうですが、犯人の足取りはつかめていないようです。警察は以下の点を挙げて、ロマンス詐欺被害防止を訴えています。

- メールで数通やり取りしただけの相手、本当に自分を愛していると言えるのか?と自分自身に問うこと。
- 個人情報は絶対に渡さないこと。
- お金の送金は絶対にしないこと。
- ウェブサイトアドレスをチェックすること。大手出会い系サイトをパクッっているか、見た目似せているものは危ない。


コロナ禍で在宅が増えると、こういう犯罪も増えるものなのかもしれませんね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク