よく日本の学校の校則の厳しさがプライバシーの侵害等だという記事を目にしますが、そういったことはここカナダでもあるんです。

BC州のKamloopsの高校に通うKarisさん(18歳)はある日、白のタートルネックに黒のドレスを合わせた服装で登校したところ、担任の男性教師に服装が適当ではないとして強制的に帰宅させられたんだそうです。

FEB252021 02
(帰宅させらた時のKarisさんの服装。普通だと思いますが・・。CTVニュースサイトより。)

この件にKarisさんの親御さんは激怒。まず、どういう理由でこの服装が適当でないのか、その理由を教えてほしい、と。で、学校の服装規定を見てみると、「授業を妨害するような(多分、煽情的とか、けばけばしいとか目立つとかって意味だと思います)服装を禁ずる」って言うのがあったそうなんです。


でもこれって、個人差のある、抽象的なルールですよね??


この学校や他の学校ではKarisさんを支持するキャンペーンが生徒によって行われているそう。確かにこれはちょっと理不尽なルールだと思います。


こうやって、少しずつでも時代に合わないルールを改正していければよいのですが、どこの国でも大人・利権者って簡単に譲りませんからね・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク