国際的な自転車販売店で、カナダ国内にも多くのお店を持つGiant Group。このお店のハリファクス店で事件は起こりました・・。

MAR142021 03
(カナダ国内でも店舗展開しているGiant。Global Newsサイトより。)

ハリファクス郊外に住むSebastien Barsettiさん。この度、健康面を考えて自転車の購入を予定していました。ただ、あいにくのコロナ禍、お店に行くのは難しいのでオンラインで購入。この自転車で健康的な生活を夢見ていたのですが・・・。


なんとお店側がこの自転車を販売後にSebastien Barsettiさんに手渡すのを拒否。理由は安全面。この自転車の設計上、最大重量は300pounds(約135kg)なんですが、Sebastien Barsettiはそれよりちょっとオーバー。なのでお店側は販売を拒否したんです。


また、お店側としてはSebastien Barsettiさんに同意書へのサインを求めました。「最大重量以下になるまでこの自転車には乗りません」と言う内容の・・・。


お店側の対応、分からないでもないですが、ちょっと行き過ぎていますよね。PL法的な考えで、何かしらの事故や事件があった場合、お店や製造元が責任を問わされるって言うのもあって、お客様のため、そしてひいてはお店のためとして上記のような行動を取ったんでしょうが・・。


結局お店側はその後Sebastien Barsettiさんに謝罪して、自転車を手渡したそうです。


私はこれ、Sebastien Barsettiさんだけでなく、実はお店側も被害者かなって思っています。昨今の過度の「お客様は神様として扱え!」と言う購入者側(お客側)の風潮、そしてそういうのをビジネスにしている人たちがいる中で、お店側がある程度自身を守らないといけないのはしょうがないと思います。


本当、世知辛い世の中ですよねー・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク