今年の夏、7月より、モントリオールの地下鉄・バスを運営する公共企業であるSTMのInspector(セキュリティーなどもでしょうかね)に対して、現在の権限を拡大し、逮捕権まで与えることになるそうです。現在は何か問題が起きても、警察に通報して、そこから対応って言う形なので、例えば、路上駐車等で勝手にレッカーしたり違反切符を切ったりということが可能になるそうです。


確かに利点はありそうです、問題がスムーズにとりあえずは解決するような・・。でもまずこの人たちに対してどれくらいの時間をかけてトレーニングを施すのか、が問題だと指摘されています。

MAR272021 01
(素人に権限を与えるのは怖いので、トレーニングは絶対ですよね。CTVニュースサイトより。)

昨今、警察官ですら、人種問題にぶち当たっているので、この辺のトレーニングをしっかりしないといけないですよね。その点は確かに不安かも。


また、正直メトロのINSPECTORとかセキュリティーって、私はまともに働いているのあまり見た事ないです。ラッシュ時で駆け込み乗車している人を尻目にセキュリティー同士で談笑していたり。このレベルのプロ意識のない人たちが逮捕権まで持つのは不安。


これ、この夏問題になるかもしれませんね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク