アメリカ・コロラド州のボルドーで3/22、銃による乱射事件が発生し、10名の尊い命が奪われました。この事件で使用された銃はAR-15と言われるアサルトライフルで、実はコロラド州ではこの事件発生の2週間ほど前に、この銃の規制を目指していた法案を裁判所が否決していたんです。

MAR272021 02
(なぜ一般生活においてこの銃が必要なのか??Global Newsサイトより。)

それには全米ライフル協会、NRAのロビー活動が働いていたとされています。


確かに、この法案が可決されていたとしても、この事件を防ぐことは出来なかったかもしれません。が、これだけ事件を起こしている銃を、未だに規制できないのは問題ではないでしょうか?裁判所曰く、コロラド州の法律では、州独自の銃規制等の法案を持つ事が禁じられているから、否決したそう。だったらその法律をまずは変えてみては?


やっぱり銃社会はちょっと怖いですし、この構造はコロナ禍でマスクを意図的にしていない人たちと同じく、「個人の自由」を過度のアピールしている気もします・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク