現在も続くコロナ禍、この禍中でつらい状況を経験している人たちが沢山いると思います。特にこういう状況ですと、女性や子供、年配の方が一番被害を被る形になると思います。


実際、モントリオールの女性専用避難所・シェルターでは、相談件数が増加しているそうです。また、この避難所に保護されていう方たちへは、社会復帰の手助けとして、定期的に家族や友人に会ってもらうという一種の訓練的要素の会合があるんですが、それもこのコロナ禍のために都合がつかないことが多くなってきているそう。


また、同じく禍中でDVの件数も増えているそうで、その相談も増えているそうなんです。ケベック州政府は女性への暴力やDV撲滅のために$1.8億(約145億円)を支出する旨を発表しています。

MAR282021 03
(ホームレスなど社会的弱者も大変な時期だと思います。CTVニュースサイトより。)

私はこういうところにはもっともっと予算を割いても良いと思います。女性だけでなく、年配の方、子供、男性でも困難な状況にある人を救うための施設やプロジェクトには予算をつけるべき。社会全体で助け合うようになれば素晴らしいですね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク