ちょっと古い、先月末時点でのお話ですが、カナダの入国管理局の発表によりますと、今年1月からこれまでの間に、カナダ政府がカナダ入国の際に義務付けている「カナダ入国前にコロナ陰性を証明する」テスト結果を偽造してカナダ入国を企てた人たちが少なくとも30名はいた、とのことです。


やっぱりこういうケースがあるんですね。勿論、大多数の入国者はきちんと該当国出国前にコロナテストを受けて、陰性結果の証明書を取得して、ルールにのっとってカナダに入ってきていますが、実際こういう本当にごく一部の人たちのせいで、カナダ入国者全体が非難されそうな空気になるんですよね・・。

MAR302021 02
(検査をするのは最低限のルールだと思いますが・・。Global Newsサイトより。)

ちなみに、このコロナテストのルールを破った場合、6か月間の禁固刑及び罰金$750,000(約600万円)、もしくはそのどちらか、が課せられることになっています。つまり、上記30名はそれが課せられた、課せられる可能性が高いということですね。


マスクにしてもそうですが、皆がきちんとルールを守れば、今は息苦しくても状況は改善すると思います。が、やっぱり一部の身勝手な人たちのせいで、状況の改善が見れれない、ルールを厳しく設定しなおす、などの状況になるんですよね。

ちょっと前のブログで書いた、モントリオール空港から無断で帰った女性。確かにこれも自分勝手な行いですが、少なくともコロナテストを複数回受けて、陰性の証明を持っていた分、悪質性はこの偽造していた人たちの方が大きいと思います。まあ、ルール破りと言う点では一緒でしょうが。


こういう自分勝手な輩が減らすためには、強力な罰が必要なのかもしれませんね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク