これ、昨日Twitter上で出回っていて、本当にショックを受けたというか、私自身は直接アジア人差別の被害を受けていません(今のところは)が、やっぱり差別はどこにでもある、って実感しました。


実際に書いた人が白人かどうかははっきりしていませんが、少なくとも昔から差別問題に苦しんでいる他の人種が書いたようには思えません・・。アジア人ではなく、且つ「人種問題を自分の事として受け取れない」人・人種、つまり、人種差別されたことが無い人種 = 白人が書いたと思うんです。


ただ・・・。


昨今、アメリカでは黒人によるアジア人差別・暴行が起きていますよね。BLMって一体何だったのか、結局自己満足だったのか、って・・・。なので、白人以外が書いた可能性も否定できませんよね。



とにかく、今回のハーバード大学の件では、少なくとも、アジア人を下に見ている人が書いたのは間違いないと思います。


アメリカの名門大学・ハーバード大学のCounseling and Mental Health Servicesと言うホームページにおいて、以下のような記述があったんです。


"You may wish that you weren't Asian, but remember that your ancestors likely went through similar or even worse incidents..."


つまり、「アジア人でなければ、そう思ったこともあるでしょう。しかし、あなたたちの先祖は今と同様、もしくはそれ以上の苦しみに耐えてきたのです・・・。

MAR312021 01
(本当にひどい発言。Twitterより。)

もうこれこそ上から目線の発言ですよね。本当に差別の根源を見たって言う気がします。どれだけ声を挙げようが、やっぱりこういう人たちがいる・変えられない部分があるって言うことですよね。。


私は自分がアジア人、日本人でなければなんて思ったことはただの一度だってありません。逆にアジア人、日本人であることを誇りに思っています。


ここから垣間見えるのは、上記で記したように、白人がこの文言を書いているのでは?と言う点。


他の人種、例えば黒人が書いた可能性もあると思いますが、その場合は、差別被害者が別の差別被害者を自分で作って、自分の辛さを忘れるって言う、悲しい循環になっているような気がします・・。


仮にこれが白人による文言作成だったとして、根本にある、「皆、私たちのような白人になりたかったはず。だって白人が一番だから。有色人種なんて本当にかわいそう。」って言う奢った認識が見えるような気がするのは、被害意識?ですかね?

MAR312021 02
(現在は上記のように訂正・削除されています、問題部分は。ハーバード大学ホームページより。)

該当ホームページからはもう削除されていますが、今も多分すごい勢いでこの情報は共有されていると思います。


差別主義者が潜在的に持っている「他人種蔑視」がはっきりと見えるものでしたね。多分、今後まだこういった差別は続くでしょうし、それに対する激しい反対が出てくると思います・・・。


本当、危険な世の中になりましたね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク