カナダでは現在、国際線の到着空港をバンクーバー、カルガリー、トロントそしてモントリオールの4つの空港に制限。そして搭乗客はカナダ入国後、自費でホテルに3日間滞在してコロナテスト等を受けないといけません。このルールを重荷に感じで逃げ出したりする人もいます・・・。


ただ、他にも盲点と言うか、穴があったんです。


例えば、ナイアガラの滝があるオンタリオ州。ここにある、アメリカとの国境に架かる橋・Rainbow Bridge。ここを通って、アメリカからカナダに徒歩で越境してくる人たちが後を絶たないそうなんです。理由は上記の「ホテルに自費で3日間滞在」しなくて済むから。

APR242021 06
(Rainbow Bridgeを通っての越境。ちょっとずるい気も・・。CTVニュースサイトより。)

徒歩でカナダに入ってきた際、コロナテストを受ける必要はありますが、それだけ。そののち8日後にまた改めてコロナテストを受けないといけませんし、また14日間の隔離を自主的に行わないといけませんが、すぐに家には帰れるんです、初回のコロナテスト後すぐに。


ただこれ、問題となりそう。。不公平だ!って、飛行機によるカナダ帰国を選んだ人から文句が来ると思います・・。政府はどう対応するのかな?ちょっと気になりますね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク