オンタリオ州トロントに住むKaren Blissさん、彼女は音楽ジャーナリストとして働く傍ら、趣味の車にお金と時間をかける生活を送っていました。


そして事件は彼女が25年間続けて利用しているある車整備工場で起こります。


その日、彼女はエンジンオイルの交換でこのお店を訪れて、車を預けました。そしてエンジンオイルの交換を終え、車を引き取り、そこから2kmほどにある彼女の家に帰った際、彼女は何かしら不審なものを感じます。


車の下の部分に汚れがあり、明らかに道路工事現場を通過した形跡や、タイヤに擦り傷などがあるのを発見。

そして彼女は思い出します、修理依頼前に、このお店の店員と車の走行距離を確認していたのを。そして発見したので、なんとこの車、預けた時(79,148km)と後(79,256km)では100km以上も走行距離が違っていたのを!そしてそのことを店員に突きつけると、「(預ける前の走行距離の)数字を間違えていたため」と苦しい言い訳をします。

AUG192021 02
(乗り回された疑いのあるKarenさんの車。Global Newsサイトより。)

このお店、ずっとこの書き間違えを言い訳にしていたんですが、そうなると一つ奇妙なことが。実はKarenさん、このお店に車を預ける前に、別のお店で車のカラーコーディングをしていたんです。で、その時も同じようにそのお店で店員さんと一緒に走行距離を取っていたんですが、それは79,114kmと記載されていたんです。


この点を突かれても、このお店はまだ否定を続けているんです。しかも取材に対して、「この件をニュースにしたいならすればいい。でもこんな些細な事、世界中でもっと大変なことが起きている中で誰も読まないよ。」と挑発するようなことを言っています。


結局Karenさんは自費で修理して、このお店は一切費用は払わなかったみたいです。


いや、本当こういうお店ありますよね。。気を付けないと・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク