ボクシングは見る者に感動を与える素晴らしいスポーツである反面、やはりその競技内容から見ると、命の危険と隣り合わせのリスクの高いスポーツだともいえると思います。


8/28にモントリオールで行われた女子プロボクシングの試合において、ケベック州出身のMarie-Pier Houleさんと対戦した、メキシコから来たJeanette Zacarias Zapataさん、18歳。


Jeanetteさんは試合において、Marie-Pierさんから強烈なパンチを顔面に食らい、試合続行不可能な状態に。すぐさま病院に搬送されましたが、数日後にお亡くなりになられたとのこと・・・。

映像はこちら:



まだ18歳と言う若さ・・・。彼女は既に結構していたそうで、旦那さんの気持ち・ご家族の気持ちを思うと本当にやりきれないです。また、これはスポーツの結果なので、何とも言えない気持ちになりましたが、Marie-Pierさんも心に傷を負ったに違いないと思うので、こちらも細やかなサポートをしてくれること祈ります。

SEP032021 01
(亡くなられたJeanette Zacarias Zapataさん。本当に悲しい事故です。CTVニュースサイトより。)

Jeanette Zacarias Zapataさんのご冥福をお祈りするとともに、こういう事故が無くなるように切に願います。。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク