これも世界的なコロナ禍の影響によるものですが、先週日曜日(9/26)より、カナダので失業保険の適用条件が一部緩和された模様です。


例えば、以前は失業保険適用の条件に、一定期間仕事に従事していたというものがありました。こちら、州や労働市場によって若干異なってきますが、大体600時間(1日8時間、週5日勤務として、約1年3か月と言う計算に)必要でした。


が、この条件が420時間(同、約10か月半)と短くなっています。この条件、とりあえず1年間有効で、来年2022/9/24までとなっています。

SEP262021 03
(まだまだコロナ禍の影響は強いみたいですね。Global Newsサイトより。)

また、週に受け取れる失業保険最低額が$500(約4万円)から$300(2万4千円)に減額に。これは、失業保険以外の社会保障との兼ね合いで決定しているみたいです。


更に、基本的に失業保険ってその州・地域の失業率を加味して計算されるそうなんですが、現在のコロナ禍の中、すぐに失業保険を適用できるように色々と条件を既に緩和していて、例えば上記失業率も現在は固定で13.1%として計算しているそうです。


まだまだコロナ禍の影響が出ているところがあるので、連邦政府・地方政府大変でしょうが、頑張ってください!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク