先週木曜日、モントリオール市警はある少年(17歳)を職務質問し、彼が虚偽の氏名を使ったことで警官は彼を拘束する必要があると判断し、手錠をかけようとしました。その瞬間、その少年は抵抗し、警察からまんまと逃げることに成功したそうです。

OCT102021 02
(警察に抵抗する少年。CTVニュースサイトより。)

実はこの少年、公務執行妨害やドラッグ所持等で警察からはマークされていた少年。

だとすれば、警察側の失態として尾を引きそうな気も・・。勿論相手が少年と言う事、犯罪としては軽微(虚偽の氏名を伝えただけ、この場合は)だったので、逃亡した後も例えば銃により威嚇射撃とかはしなかったのは当然だと思いますが、警察から逃げることが出来ると思わせたのはまずかったかも。


この件が、同じような犯罪に手を染めている人たちに悪影響を与えるのがちょっと心配。警察を軽く見る感じで。


うーん、これ、警察はちょっと真剣に逮捕術とか勉強した方が良いのかも。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク