この統計がどういう意図をもってニュースとしてリリースされたのか、よくわかりませんが、興味本位というより多分旅行者に向けた安全意識の向上や今一度旅行計画を見直すように、というものかもしれません。

Global Newsによると、過去5年間で191人のカナダ人旅行者が合計63の国で殺害されたんだそうです。

NOV102021 03
(どこの国でもリスクはありますね。Global Newsサイトより。)

年別にみると、2016年49名、2017年45名、2018年39名、2019年31名、そして2020年27名。パンデミックの影響がある2019年、2020年も亡くなられた方がいるんですね、ちょっとびっくり。元々その国にパンデミック前から滞在していたのかもしれませんね。


さて気になる国別の結果ですが、まずはメキシコの24名。メキシコはカナダ人にとってメジャーな旅行先の一つなので、結果こういう事件が起きるのも相対的に多いのかも。同じく時点のアメリカ、20名。こちらも隣国でよくカナダ人が訪れる国ですね。

第3位がジャマイカの15名、第4位がフィリピンの11名、第5位がブルキナファソの10名。その他、ドミニカ共和国、インド、パキスタン、ハイチ、ケニヤなどなどがあり、日本でも1名が亡くなっているようです。

全体的にみると、やはり南米が多く、また東南アジアや南アジアが多いですね。

これを見ると南米って怖いなーって単純に感じてしまいました・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク