もう既に色々な所でニュースになっていますが、中国政府はカナダからの郵便物にコロナウイルスが付着していて、それが中国国内での感染に繋がった、と発表しています。


これに対しては世界各国で疑問の声が上がっており、カナダでも中国に対して反論が。まず、郵便物にコロナウイルスが付着し、それが中国に届くまで活動を続けている可能性は「きわめて低い」と、カナダの健康保健省の高官が発表しています。

JAN192022 02
(【どの口が・・】って気持ちになりますよね。CTVニュースサイトより。)

まあ、常識で考えてそうでしょうし、何ならこのコロナ禍は中国から始まったもの。相変わらず、自分たちの都合の良いことばかり述べてますね。


ただその遠因として、私はトルドー政権が思ったよりも中国への圧力を強めているのが原因なのかな?と思います。ファーウェイ事件、そしてその前まで、トルドー政権に関しては中国に過度に融和的と言うか、ビジネス優先だったように思いますが、ファーウェイ事件、中国の人権問題などでトルドーさん、思ったよりもアメリカやヨーロッパと同調。


前から人権問題に関しては過度に偏りを見せていましたが、中国の前に腰砕けになるのでは?と思っていました。


多分、こういう態度に中国がイラついているのでは・・・。ましてや、中国に対しては世界中で色々な面で非難が出ていて、それが一層中国の態度を硬化させるという悪循環。中国は自身で自身を縛っているようなものですね。


ただ、カナダ国内で今後反中国が大きくなりそうで、それがカナダ国内の人種差別(中国人およびアジア人差別)に発展しないことを祈ります・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク