コロナパンデミック初期の2020年春、ケベック州で最初に大きな被害をもたらしたのは高齢者長期滞在施設であるHerron。ここでは入所している年配の方への適切なサービスが施されず、次々にコロナにより死亡するという最悪の事態が起きました。その後、施設運営者は裁判にかけられています。


ニュースによると、Herronでの事件が問題化する2020/04/20以前の2020/03/29、ケベック州の高齢者関連部署のスタッフが部署内で「緊急!」と題したEメールを送信し、Herronの潜在的なリスクを問題視していました。そもそも154名の入所者に対してスタッフ数が絶対的に少ない、等の問題点も指摘していたのですが・・・。

APR102022 03
(最悪の事態は避けられた可能性が。CBCニュースサイトより。)

結論から言うと、この部署内メールは無視された形に。が、州政府の高齢者担当大臣のMarguerite Blaisは、Herronに関しては地域サービスが対応すると思っていた、自分たちは自分たちのベストを尽くした、として問題があったという認識を否定。


まあ、コロナ禍と言う未経験の事の対応とは言え、これは指導力不足・想像量不足で政治的責任を取るべきだと思いますが。


これが今秋の選挙に影響する可能性が出てきましたね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク