去年夏、カナダ運輸省はカナダ入国の飛行機等の乗客に対して、搭乗時にコロナテストで陰性を証明する義務を付与していました。つまり、カナダへの国際便に関しては、搭乗国で乗客にコロナ感染者がいないことを証明する義務があったんです。

ところが、去年夏のアメリカン航空・ダラス発カルガリー行の飛行機において、コロナ感染テストを提出しなかった乗客の搭乗を許して、カナダ入国していたことがあったんだそうです。


これに対してカナダ運輸局は一人当たり$25,000(約250万円)の罰金を科しました。テストを受けていなかった乗客は4名ですので都合$100,000(約1,000万円)

APR232022 03
(これは航空会社側の落ち度だと思いますが・・。CTVニュースサイトより。)

これに対してアメリカン航空側は争う姿勢を示していますが、カナダ連邦政府、アメリカン航空側共に詳細は明らかにしておりません。ただ、この問題の飛行機、2021/07/05の便なんですが、同日にカナダ連邦政府は、ワクチン2回接種した人は待期期間無しって言うルール改正をした日。なので、何かしらの誤解がアメリカン航空側にあったのでは、と言う推測も・・。

この問題、アメリカン航空だけでなく、他にも航空会社2社が同様のケースに遭遇しているとのこと。

まあ、ルール違反が明らかになれば、ペナルティーは当然でしょうね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク