今秋の州議会選挙に関して、メディア各社が協力して、英語での党首討論を9/20に開催する旨を各州政党に通知し、招待しましたが、政権与党のCAQ党とParti Québécois(PQ党)が拒否。これにより、今秋の州議会選挙までに、英語での党首討論は事実上開催されないことになったそうです。

MAY142022 02
(CAQの仏語ONLY政策への反抗が出てきていますよね、あちこちで。CTVニュースサイトより。)

これ、問題になりそうな感じ。州議会選挙の予想では現政権与党のCAQが勝利するという調査が出ているので、それに気を良くしたのかな?

でもこれ、州内の英語話者を軽んじるもので、反発は大きいです。加えてBILL96など、英語系住民に対する仏語強制がちょっと酷いことになっているので、正直CAQが勝利するというのも疑問と言うか、少なくとも英語話者はCAQは支持しないでしょうし、若者世代のQUEBECOISも支持しないでしょう。

これ、本当にCAQ党が勝利したら、今のロシアの様にQC州から人材が流出する危機だと思います。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク