当ブログでも何度もお伝えしている、Bill96とその修正案であるBill101。これは各方面にフランス語を「強制」させる法案で、CEGEP等で必須科目の幾つかをフランス語で取らないといけない、取らない場合は卒業できない、とか、公共サービスにおいて英語を禁止しフランス語のみにする、とか。


こうした動きに対して先週、モントリオールで大規模な抗議活動が。このBill96、予定では今月法案通過する予定なんだそう。

MAY152022 02
(Bill 96&101に対する抗議活動の様子。CTVニュースサイトより。)

そしてこの抗議活動に対抗するように、Bill96推進派の集会も同時に行われていて、小競り合いもあった様子。


正直・・・・。ケベック州の今の発展は「英語系」の企業、留学生等が貢献している部分はかなり大きいと思います。MicrosoftやAmazonの研究施設があったり、世界的な団体(IATAなど)があったり、そういったところでは通常英語が公用語として使われています。

MAY152022 01
(Bill 96反対派と推進派の小競り合い。CTVニュースサイトより。)

もしこのままBill96やBill101が通過した場合、正直こういった企業はケベック州を離れるでしょうし、その不便性(フランス語必須と言う)から、これから進出する企業も二の足を踏むでしょう、フランス系でない限り。


これって本当にケベック州の為でしょうか?ケベック州の為には英語系も「お金」のために受け入れるけど、英語系に恩恵は受けさせない。そういった地域に来たい人や企業はあるでしょうか?


これ本当にケベック州の更なる衰退を呼ぶだけだと思う・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク