まれなウイルス感染症であるサル痘(monkeypox)がケベック州で報告されていて、現在数ケースで調査が進められているそうです。このウイルス、基本的には血液感染・性交渉による感染で広がり、発熱、リンパ節の痛みなどインフルエンザに似た症状を経て、顔を中心に水痘のような発疹が出る場合が多いそうです。


このまれなウイルス、ポルトガルやスペイン、イギリスなどのヨーロッパでも感染が確認されているそうです。

MAY192022 03
(また別のウイルスが・・・。CTVニュースサイトより。)

コロナ禍の次はまた別のウイルスが・・・。このウイルス、感染経路としては「性交渉」によるものが一般的だと考えられていて、これは異性間・同性間を問わないそうです。


ケースによっては命の危険もあるこのウイルス、もし同様の症状が現れた場合もしくは何か心阿賀来駕ある場合、すぐに病院等へご連絡を!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク