2017年1月29日、ケベック州の州都・ケベックシティーで起きたモスクでの銃乱射事件。武装した犯人・Alexandre Bissonnetteがモスク内で銃を乱射し、6名の尊い命が奪われました

MAY282022 05
(犯人・Alexandre Bissonnette。CTVニュースサイトより。)

あの事件から5年。犯人・Alexandre Bissonnetteの逮捕から裁判まで進み、Alexandre Bissonnetteには終身刑が言い渡され、彼は服役しています。

が、今回カナダの最高裁の判決でAlexandre Bissonnetteに対して、刑期を25年務めた後、仮釈放の申請が出来る、と言う判断を下したんです。これには被害者遺族も落胆と怒りを表明。当然ですよね。

MAY282022 06
(被害者とご家族。CTVニュースサイトより。)

どこの国も被害者及び被害者家族より加害者側の「将来・権利」を重視するんですよね。。

死刑制度がない以上、6名もの尊い命を奪ったAlexandre Bissonnetteに対しては、仮釈放なしの終身刑が妥当だと思います。だって犯行時27歳だったんで、仮釈放時もまだ50代前半。

なんか納得できないし、やっぱり司法に携わる人間はどこもかしこも感覚がおかしい。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク