カナダの最高裁判所は5-4の僅差の決定ですが、性交渉の同意においてコンドームの使用はその条件に当たる、と判断しました。つまり、コンドームを使用しない性交渉は同意の上ではなく、性的暴行の可能性もある、と。

JUL302022 06
(当然だと思うんですが、これには理由が・・。Global Newsサイトより。)

これ、実はBC州での実際の事件がきっかけなんです。BC州である女性が恋人のRoss McKenzie Kirkpatrickと初めて性的関係を持った際、「コンドームの使用は絶対」と言っていたんです。で、Rossもそれに同意したんですが、2回目の性交渉の際彼はコンドームをつけなかったことで、彼女は彼を訴えます。

が、裁判所は彼女の訴えを棄却。これ、実は判例があって、2014年にCraig Hutchinsonが恋人相手にコンドームをつけずに性交渉したんです。理由は子供が欲しいから。でも恋人は子供は欲しくなく、コンドームの着用を訴えます。結果彼女は望まぬ妊娠をして中絶することに

この件でも裁判所は恋人の訴えを退けます。

今回のケースはこの判例を覆す判断であり、画期的な内容。女性側への配慮と言うか、本当にこれがなぜ長い間犯罪行為として捉えられていなかったのか不思議。

どこの世界もやっぱり司法従事者は世間一般とは感覚が違いすぎますよね…。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク