先週、モントリオールとラバルにおいて計3名が殺害されるという痛ましい事件が発生。同日警察は犯人・Abdulla Shaikh(26歳)を3件の殺人事件の調査としてあるモーテルを訪れ、その際Abdulla Shaikhが抵抗したことで射殺します。

AUG062022 03
(犯人が射殺された現場。CTVニュースサイトより。)

でその後色々な情報が出てきたんですが、このAbdulla Shaikh、2018年に犯罪を犯し、その際精神的な理由により罪に問えない、として精神病院へと送られます。が2021年、精神科医は「まだ社会において脅威となりうる」が、進歩も見られるとコメント。

その後どういった経緯でか、なんとこのAbdulla Shaikh、精神病院から解放されます。

そしてこの事件・・・。


これ今後議論を呼びそうだし、精神的な病を持つ人への偏見が進みそうで怖い・・。これは精神疾患と言うより、警察・行政等がきちんとコントロールできていないのが一番の原因ですが、モントリオール市長は警察を擁護。

うーん、これはもっともっと行政を責めるべきだと思います。

亡くなれた方のご冥福をお祈りいたします。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク