カナダのレストラン協会の調べによりますと、カナダ全体でレストランの閉店ペースが開店ペースを上回っていて、特にケベック州ではその傾向が顕著にみられる、と。


カナダ全体で見ても、閉店ペースは開店ペースよりも43%も多いみたいなんです。

SEP182022 02
(まあ、当然の結果かも・・。CTVニュースサイトより。)

2021年4月から2022年7月までのおよそ15か月間で、ケベック州のレストランで一時休店したのが817店舗、完全閉店したのが760店舗。一方同期間内で再オープンしたのが306店舗、新規オープンしたのが279店舗、となっているそうです。

つまり、992店舗減ったということ。これはオンタリオ州の1,720店舗減少に次ぐ多さ。

まあ理由は沢山あると思いますが、インフレによる価格上昇、コロナ禍を経ての提供サービスの質の低下、人手不足などなどいろいろあると思いますが、私はチップの強制も理由の一つにあると思います。これはまた明日のブログでお話ししたいのですが、サービスが悪くても支払い時に自動でチップをつける設定にしているケースが多々あり、それが客足を遠ざけている面もあると思うんですよね。

価格上昇が一番の原因かもしれませんが、やっぱりおいしくない・楽しくない食事に多額のお金+チップは払えませんものね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)