これはモントリオール、ケベック州だけの問題ではなく、カナダで長年問題になっていることですが、医療崩壊が現在進行形で進んでいるって言う点。

医師不足、医療従事者不足が本当に深刻で、救急での待合で半日以上(12時間以上)なんてざらにあります。

FEB172024 09
(カナダ全土で医療崩壊。Lakeshore General Hospital。CTVニュースサイトより。)

そんな中、ケベック州の保健省が出したデータによると、モントリオールのPointe-ClaireにあるLakeshore General Hospitalでは救急部門で患者1,000人当たりの死亡者数が3.4人と、他のモントリオールの病院の救急部門の平均の2倍以上(1.39人)となっていることが判明。

また、市民オンブズマンからはこの病院は拘束具を患者に使用する頻度が高く、それが死亡率にも繋がっていると発表しています。

一方病院側はこの病院の位置が問題、と指摘。人口密度が高く、利便性が高い場所にあるため、救急患者がひっきりなしに来ていて医療崩壊が起こっている、と。

こういう時こそ政治・行政の力で負担分散や医療従事者保護、補充等をやるべきですが、まあ仏語バカCAQは聞く耳を持たないでしょうね・・。

本当に、本当に、連邦政府と州政府は医療崩壊対策を第一に考えて欲しいです!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)