私は見た事ないんですが、アメリカのリアリティーショー、Survivorと言うのがあるらしいんです。これ、ある熱帯の島に20名の参加者が集められ、最後の一人になるまで「サバイバル」レースを繰り広げるというもの。

このリアリティーショーのケベック版、Survivor Québecと言うTV番組にある小学校教師が参加したんです。Déborah De Braekeleer(39歳)さん。彼女はこの番組に参加するために小学校に2か月の休暇を申請し、且つ代理の教師も自分で見つけていたんです。が学校側はこれを却下。

結果彼女は解雇と言う形になったんです。

でもこのTV番組には以前も同じように教師(私立高校の教師)が参加していたんです。で、その時は教師は解雇されずそのまま働き続けたんだとか。

APR112024 04
(学校を解雇されたDéborah De Braekeleerさん。CTVニュースサイトより。)

今回のこの小学校側の対応に対しては賛否両論巻き上がっているみたいです。確かに子供も大事だけど、自分のやりたいことをすることも大事ですからね。これ、正解は無いような気がしますが、Déborah De Braekeleerさんはちょっと気の毒だと思います。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)